営業マンです、最近ヒマが多くなっています。


by eb5qsjlkyf

<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 【ワシントン古本陽荘】北沢俊美防衛相は25日午後(日本時間26日朝)、米国防総省でゲーツ国防長官と約40分間会談し、米軍普天間飛行場の移設問題について、日米両政府が引き続き緊密に連携して取り組む方針で一致した。

 会談の具体的なやりとりは公表されていないが、終了後、北沢防衛相は記者団に「事務方の協議でまとめてきたものについてお互いの認識の共有を図った」と述べ、ゲーツ長官との間で一定の合意が得られたとの認識を示した。また、沖縄県の基地負担軽減策として日本側が提起した在沖縄米軍基地から県外への訓練移転に関し、「米側はかなり前向きな姿勢を示している。具体的な形をこれから詰めていく」と語った。

 これに対し、ゲーツ長官は会談で「まだ重要な作業は残っている」と指摘。28日に発表予定の共同声明とりまとめに向けた交渉が続いていることを強調した。

【関連ニュース】
鳩山首相:「連立維持される」 辺野古移設で社民反発に
普天間移設:日米首脳27日にも合意 政府方針は閣議で
普天間移設:与党、社民つなぎ留め 参院選にらみ協力優先
普天間移設:首相、政府方針は閣議で 福島氏は署名拒否へ
参院選:政権窮地、浮き彫りに 普天間問題など批判厳しく

新会長に黒岩氏―医学部長病院長会議(医療介護CBニュース)
証券業協会、暴力団データベースを構築 警察庁が情報提供 (産経新聞)
哨戒艦事件で危機管理対応指示=原口総務相(時事通信)
小沢氏、再び不起訴 検察と検審、分かれた証拠評価(産経新聞)
お台場でTOKYOウオーク(産経新聞)
[PR]
by eb5qsjlkyf | 2010-05-27 20:25
 「女性の願いを一つかなえる」との言い伝えがある鳥羽市相差(おうさつ)町の神明神社内境内の「石神さん」が、パワースポットとして女性の人気を集めている。今年3月の参拝者は初めて5000人の大台を突破、鳥羽商工会議所は参道入り口の「相差海女文化資料館」と併せ、町の景観演出整備に取り組んでいる。【林一茂】

 「石神さん」は海女漁が盛んな相差町で、古くから海女たちの信仰を集めてきた。07年4月に神社の参道入り口に「相差海女文化資料館」が開設されてから、参拝に訪れる観光客が増え始めた。

 07年度の月平均参拝客は1340人だったが、08年度は1960人、09年度は2720人に増加。今年3月は5023人の参拝者が訪れた。資料館開設当初は資料館の見学者が立ち寄っていたが、次第に「石神さん」の参拝を目当てに訪れる若い女性が目立つようになった。

 女性参拝者の増加について、鳥羽商議所の担当者は「昨年3月に旅行ガイドブックのミシュラングリーン本で一つ星を獲得したことに加え、女性誌などで石神さんを『女性の願いを一つだけかなえてくれるパワースポット』として紹介され出した影響が大きい」とみている。

 兵庫県伊丹市から来たという岡田千穂さん(26)と吉田愛さん(26)は「癒やされる風景の中で願い事をするなんてすてきです。何を祈るかは秘密」と話し、そっと手を合わせていた。

 鳥羽商議所は海女の町・相差地区の景観演出のため、参道などに設置する「海女の石碇(いかり)」17個、民宿などの玄関につり下げる「屋号ちょうちん」20個、足元を照らすライティング20個、銅版画家の吉田賢治さんデザインのプレート、総合案内板などを設置。また、参道の古民家を改装し海女の漁具などを展示する「海女の家」の整備を進めている。

【関連ニュース】
九州・山口テーマパーク:神社の参道名物
猫は神さま:暮らしの中で/1 川俣・猫稲荷神社
ツツジ:鮮やかに咲き競う 東京・根津神社
合格願う受験生−−江南・願掛け鳥居 /愛知

【ぐるり地球紀行】今回は「台湾」をぐるり 山紫水明、神秘の眺め(産経新聞)
ラジオ ネットで聴取「ラジコ」 予想以上の好調(毎日新聞)
マレーシアから麻薬密輸容疑=台湾出身の女、主婦らに販売−警視庁(時事通信)
「事実を正確に説明」聴取終えた石川議員がコメント(産経新聞)
"体制維持こそ重要” 崩れつつある米の対中戦略(産経新聞)
[PR]
by eb5qsjlkyf | 2010-05-19 00:38
 防衛省は6日、インドとの間で、自衛隊とインド軍が食料や水、燃料などを融通できる物品役務相互提供協定(ACSA)の締結に向けた交渉に入る方針を固めた。国際貢献の分野で同国との協力関係を促進するのが目的。実現すれば、既に締結済みの米国や、現在交渉が最終段階を迎えているオーストラリアに次いで、3カ国目となる。
 北沢俊美防衛相は先月30日、訪問先のインドでアントニー国防相と会談し、人道支援や災害救援、国連平和維持活動(PKO)などの分野で具体的な協力を実現するために意見交換していくことで合意。北沢氏はその際、これらの活動を行う場合に、両国で物資などを相互に提供する枠組みづくりを提案していた。
 防衛省は今後、両国の実務者レベルで、具体化に向けた協議を開始したい考えだ。
 相互提供の内容に関しては、PKOや災害救援などに加え、日本やその周辺地域での有事の際の協力も対象となる日米ACSAではなく、非軍事分野での協力に限定した日豪ACSAを参考に調整するとみられる。ただ、「実現すれば中国にとっても圧力になるのは間違いない」(自衛隊幹部)との声もあり、軍備増強を続ける中国をけん制する思惑もありそうだ。 

【関連ニュース】
中国軍事費、透明性に懸念=日印防衛首脳が一致
北沢防衛相がインドへ出発
北沢防衛相、29日からインド訪問
防衛交流強化で一致=日中

逃亡クジャク、飼い主はどっち!?「ビデオ判定」へ(スポーツ報知)
漁船転覆で1人不明=タンカーと衝突の疑い−石川(時事通信)
両陛下、学童保育を訪問(時事通信)
もんじゅ 検査終了 6日に原子炉を起動、運転再開へ(毎日新聞)
普天間問題 首相発言詳報(産経新聞)
[PR]
by eb5qsjlkyf | 2010-05-11 20:20